法律が読みやすくなるたった2つのステップ

勉強方法

法律って理解するのが難しい…

法律ってなんか読みにくいんだよねー…

今回はこんな声にお応えしていこうと思います!

法律は読みにくい?

条文って何であんなに読みにくくかかれてるの…

あのk
あのk

本当に読みにくいですよね…

たしかに、条文はかなり読みにくいと思います。

それは全て、書き手の「意図」を盛り込むためだとあのkは思っています。

けれども、「読みにくいなぁ」と思っているだけではでは、条文が読みやすくなることはありません。なので、その読みにくさの要素を分解して、今よりも条文が読みやすくなるようにしていきましょう!

助詞の難しさ

条文では、助詞が明確な意図をもって使われています。

例えば

  • Aが読む
  • Aは読む
  • Aと読む

これらの助詞はさらに以下のように分類されます

  • Aが読む→格助詞
  • Aは読む→係助詞
  • Aと読む→接続助詞

これが、条文を読みにくくしている要素の一つです。

※ここで例示してるのはごく一部ですが…

あのk
あのk

では、各々の持つ助詞のイメージをお伝えしたいと思います!

  • →(周りは関係無く)わたし(こそ)が読む
  • →(周りには様々な人がいるけど)わたしは読む
  • →(あなたは)わたしと読む

おおよそ、こんなイメージで大丈夫です!

「と」はなんとなく違いが分かりやすいですね^ ^

問題は「が」と「は」の違いですが

結論から言うと、

  • 格助詞「が」は指定のイメージ
  • 係助詞「は」は比較のイメージ

があります。

このイメージをおさえて置くと、条文が今よりも少し読みやすくなります。

接続詞の多さ

「並びに」とか「及び」とか同じじゃない…?

あのk
あのk

一緒、一緒!(笑)

「並びに」と「及び」

「並びに」は「及び」よりも後に来る。

本当にそれだけなんです。

英文法でやった、「A,B,C…and D」の形と一緒です。

「A及びB及びC並びにD」となっていきます。

時たま、「A及びB並びにC及びD」というかたちがありますが、これは2文を「並びに」が接続して1文にしていると考えればOKです。

あのk
あのk

私は「AとBそんでもってCとDも」みたいに噛み砕いて読んでます。笑

このように、言葉の効果を知ったうえで、自分なりに噛み砕くことができるようになれば、グッと条文が読みやすくなります。

本当にそれがクリティカルな原因?

ここまで

  • 助詞
  • 接続詞

の2つを紹介しましたが、本当にそれがクリティカルな原因なのでしょうか。

宅建業法で言うと、

  • 35条とか
  • 37条とか

特定の条文しか読んでいない方が多いんじゃないでしょうか。

実はここに「法律ってわかりにくい」が詰まっているんじゃないかと思っています。

法律を読みやすくするための方法

目的を読む

法律には須く、その法律は何のために制定されたのかが明記されています。

なので、それを読むことによって「なんでそんなこと決めたの?」と言う疑問を低減させることができます。

ただ、特定の条文を暗記するだけよりも、目的を関連付けることによって、理解が深くなり、事例問題に強くなれます。

用語の定義を読む

法律の中で用いる固有名詞は、条文によって定義されていることがあります。

なので、それを確認することによって、正確な理解を促進することができます。

曖昧な認識のまま勉強をしていると「これってなんの事を言ってるだっけ?」となってしまうので、法律を読みやすくするために、用語に定義も必ず確認して、正確なイメージを持てるようにしましょう。

まとめ

今回は

  • 法律の読みにくさの要素と
  • 法律を読みやすくするための方法

この2点を紹介しました。

法律が読みにくいと感じていたあなたは、勉強の量が足りないわけでも、質が足りないわけでもありません。

ただ、はじまりの街で宝箱を開け損ねたようなだけです。

なので、一度はじまりの街まで戻ってみて、その宝箱を開けて下さい。

あなたの勉強にとって有意義なアイテムがきっと手に入ります。

それではまた、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました