【本当に役に立つ?】人生に資格はおすすめ?それとも…

資格
受験生
受験生

資格の勉強はしてるけど、資格って本当に役に立つのかなあ…

今回は、そんな疑問や不安に対してお答えさせていただきます!

資格の使い道

資格にはさまざまな使い道があります。

まずは、そのさまざまな使い道を共有してから、結局資格が役に立つのかどうかの話をしたいと思います。

月収アップ

資格は、月収アップに大きく貢献します。ただし、その上昇パターンは即効性のものと遅効性のものの2通りあるので、資格をとったらすぐ月収が上がると考えている方は注意が必要です。

即効性の月収アップ

即効性の月収アップとは、資格手当です。資格手当は会社によってまちまちですが、数千円〜数万円の幅があります。アルバイトでも、危険物取扱者の資格を持っていれば、ガソリンスタンドでの時給が上がるといった場合があります。

因みに、私が就職活動時に見ていた不動産流通業者の求人では、宅建の資格手当が3万円でした。

遅効性の月収アップ

遅効性の月収アップとは、昇格・昇進です。昇格・昇進をすると、職務手当がつく場合が多く、職責が上がるごとに、職務手当が上昇する傾向があります。職務手当の幅は広く、数千円〜数十万円の幅があります。

職場では、仕事の出来が第一なので、資格を持っているからと言って、必ずしも昇格・昇進できるとは限りません。但し、資格は人事が評価できる客観的な要素になるため、特に間接業務に従事している方にとっては、資格取得が、人事評価を上げる要因になるのです。

キャリアアップ

先ほど、月収のところでも話した通り、資格は人事が評価できる客観的な要素になります。なので、仕事の成果が普通もしくは、間接業務で仕事の成果が見えにくい方にとって、資格はキャリアアップに欠かせないものになります。なお、自分のステージによって、価値のある資格が変わるので、その点については注意が必要です。例えば、現場が主な若手であれば、宅建や電気工事士などの資格が適しており、経営層の方は中小企業診断士などの、経営に絡んだ資格を取ることが望ましいでしょう。

自己啓発

資格取得には、自己啓発機能があります。勉強をする・勉強の方法を調べる・辛い勉強に耐える。全て自己啓発の一環と言えます。試験までの歩みは無駄にはなりませんし、合格したら自信になります。今よりも良い自分になりたいと思っている方は、セミナーなどに参加するよりも、資格取得を目指すことをおすすめします。

就職活動

この記事で最も伝えたいトピックが、就職活動についてです。就職活動で資格が役に立つのか立たないのか、どちらの意見も散見されます。その中で、私は声を大にして言います。言い切ります。

あのk
あのk

資格は就活に役立ちます!!!!!(小保方晴子さん風に)

とまあ、冗談は置いておいて。笑

資格は就職活動に役に立ちます。(断言)

※あのkは資格取得の過程をガクチカとして、採用面接でアピールし、日経大手企業に入社しました。

ただ、資格によって役に立つ場面が異なります。

それは合格率の高低と、就職希望先の業務との関連性の高低によって定まります。

合格率低い・業務関連性高い

人事からめちゃくちゃ高く評価されます。

その資格を持っていれば、多少人物面に問題があるとしても入社させたい人材と判断されることでしょう。例えば、不動産流通業なら宅地建物取引士。経理職なら簿記一級。監査法人なら公認会計士。不動産管理業ならビル管。建築業なら建築士。電力業界なら電験三種などがあります。

上記の業界以外にも、各々の業界で業務関連性は高いが、合格率の低い資格があるので、そこを狙い撃ちすれば、就職希望先からの内定はグッと近づきます。

合格率高い・業務関連性高い

この場合は、該当する資格を持っていないと、周りに差をつけられてしまう資格になるので、注意が必要です。例えば、金融業界ならFP3級や簿記3級。大手なら各々2級までは欲しいところです。IT業界ならITパスポートですね。

上記の業界以外にも、各々の業界で業務関連性が高く、合格率が高い資格があると思いますので、就活時には注意しておきましょう。

合格率高い・業務関連性低い

この場合は、自己啓発として「勉強すれば資格って受かるんだ」という意識の植め込みとして使います。直接的に人事から評価されることはありませんが、その後の資格取得へのステップとして役に立つでしょう。

合格率低い・業務関連性低い

この場合は、資格取得までの過程が活きます。この候補者は、難局でも計画を立てて打開する力があり、辛い状況も乗り越えることができる根性を持っていると、採用担当者に思わせることができます。但し、業務関連性が低いため、あくまでその過程しか評価されません。また、業務関連性の低い企業にとっては使い道の無い資格という扱いのため「どこか他に第一志望があるんじゃないか」と思わせてしまう場合が想定されます。なので、資格取得の動機をきっちり説明する必要があるので、注意が必要です。

まとめ

どんな資格でも自分のキャリアや、自己肯定感に対して役に立つ働きをしてくれます。

なので「その資格は意味がない」とか「その資格は役に立たない」という言葉に惑わされず、自分が取得した若しくは、取得を目指している資格に対して自信を持って欲しいです。

あなたが、時間をかけて、努力をして手に入れた資格は、必ずあなたの人生の役に立っています。

たとえ、まだ手に入れられていないとしても、その過程は決して無駄にはなりません。

誰もが、頑張っている自分に自信を持てることを祈っています!

それではまた、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました