「この問題解けたじゃん!」をなくすための勉強方法

勉強方法

一問ずつ、その答えにした思考プロセスを書く

うわ、めんどくさ…

あのk
あのk

はい。めんどくさいです

しかし、一問ずつ、

  • 自分なりにその選択肢を選んだ理由と
  • 他の選択肢を選ばなかった理由

この2つを書いておくだけで「この問題解けたじゃん」を劇的に減らすことができます。

なぜなら「この問題解けたじゃん」

  • 選択肢を2択まで絞ったけど
  • どっちかわからない状態で、
  • 感覚に頼って選択した

こんな場合に起こることだからです。

さらに「この問題解けたじゃん」カテゴリーにその誤答した問題を入れてしまうと、復習が適当になり、何度も同じ間違いをしてしまうことが多いです。

なので、どの選択肢にするかを選ぶ思考プロセスを問題のたびに記載しておけば「何がわからなかったのか」が鮮明に判別でき、同じ間違いをしにくくすることができます。

さらに、思考プロセスを記載することによって得られる3つのメリットを紹介します。

理解が足りない部分がわかる

いつも通り問題を解いて、回答し、復習するだけでは、「この問題がわからなかった」という低い解像度の情報しか得られません。

しかし、思考プロセスを各問題・各選択肢ごとに記載しておけば、

  • この問題のこの選択肢とこの選択肢がどっちかわからなかった
  • この選択肢のここを勘違いして暗記していた

など、解像度の高い情報を得ることができ、理解が足りない部分がより鮮明にわかるようになります。

何を重点的に勉強したらいいかわかる

理解が足りない部分がわかるようになると、何を重点的に勉強したらいいかがわかるようになります。

この問題を間違えたから、そこの範囲をまるっと確認しようとすると、過大な労力がかかります。

なので、

  • この問題の
  • この選択肢の
  • ここを勘違いして覚えていた

だから、その範囲だけ復習をすれば足り、必要最低限の労力で、点数アップにつなげることができます。

あのk
あのk

勉強しすぎてると思ったら、復習の方法を見直した方がいいかもしれないね。

合格に近づく

上で紹介したように、

  • 理解が足りない部分がわかり
  • 何を重点的に勉強したらいいかがわかれば

点数を落としにくくなるのはもちろんのこと、この問題はわかると自信を持って解答できる選択肢が増えます。

それによって、

  • 問題を全て解答し終わって、見直しをする時に
  • 自分の選択に自信が持てずに、選択を変えて、
  • 結果もともと選んでいた選択肢が正解だった

という、よくあるミスを減らすことができます。

なので、試験までに一度はトライしてみて欲しい勉強方法です。

まとめ

「この問題解けたじゃん」は誰にでも、頻繁に起こることです。

当然、模試や過去問で高得点を取っている人でも、よくあることです。

なので、自分の現状にあぐらをかくことなく、また悲観することなく、この勉強方法をトライしてみて下さい。

  • 合格点を取れている方にとっては得点の安定感アップ
  • 点数を上げたい方にとっては点数アップ

に繋がることでしょう。

時間がかかる勉強方法ではありますが、勉強が行き詰まっているなら、是非参考にしてみてください!

燃え尽きないように、適度に頑張って

試験、絶対合格しましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました